カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
DMデザイン.jp
Presented by DMDesign.jp
過去記事
カテゴリー
ドッジボールを見た
映画ドッジボールを見ました。
まぁなんていうか、コメディーというよりかなりおちゃらけ度の強い映画です。
頭カラにして、とにかく笑いたい方どうぞ。
字幕版のレイトショーを見ましたが、たぶん英語がわかるなら字幕版がお勧め。
英語がわからないと笑えない台詞が結構あって、その辺は字幕だと何となくわかるだけにもどかしいところ。
更に米国の雑誌やテレビ番組の知識があるとなお笑えるでしょう。

「こういう映画」としてみればたまにはいいと思うけど、英語や米国内の文化がわからないと笑いが何割か削減されてしまうのは、損した気分かも。

それから、アメドジのルールをはじめて知りました。
学校でやったのは最高で2個のボールだったので、6個も使うと試合展開が速そうですね。

映画ドッジボールオフィシャルサイト
| 映画・テレビ | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナショナルトレジャー 公開(ネタバレなし)
ナショナルトレジャーを観てきました。
26日はたまたま公開初日(一番早い公開は19日から)。
池袋シネマサンシャインです。
ここは人通りは多いけど、いつも空いているので気楽に見られます。

この日も公開初日に関わらず、開く前には並んだものの座ってみると空席が目立つ程の入りでした。
レイトショーの一つ前の上映なので、客の入りはこんなものかと思いますが何ともいえません。

さて肝心の内容ですが、良い言い方をすると「起承転結」がはっきりしていて流れがわかりやすい。
悪い言い方だと「ちょっと浅い」ように思えます。

この手の謎解きものは何度見ても流れがよくわからないものが多いように思いますが、これは初めて見てもそれなりにわかります。
これが、逆に浅薄に感じる原因かも知れません。
謎解きものにはつきものの不満といわれればそれまでですが、果たして1800円を支払って観る程のお宝がここにあるか、それは謎です。。。

ただし、あまりにショッキングな映像とかはありません。
これはむしろこの映画のプラスの面だと思います。
最近の映画はCGだらけで、とにかく迫力や衝撃的な演出が目立つように思いますが、この映画では過剰な演出はほとんどありません。
もちろんCGも使っていますし、(映画の中で)亡くなられる方もいらっしゃいますが、演出的にはかなり控えめです。
その点では、子供と一緒に観に行っても安心して観せられるのではないかと思います。

最近の映画はどれもそうですが、最初からDVDやビデオ化されたときの家庭用テレビでの見え方を優先した作りになっているように感じます。

この映画の楽しみ方としては、実際にその場所へ行ってみる、ということでしょうか。
アメリカの歴史とか、記念館や協会などの建物に興味を持つきっかけにはなりそうです。
っていうことは、この映画も数ある米国製映画につきものの「アメリカの宣伝」的映画、なのでしょうか。

あまり過剰な期待をせず、気軽に観るには良いのかも。
| 映画・テレビ | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mr.インクレディブル
あけましておめでとうございます。
昨年末見てきました。Mr.インクレディブル。
ネタバレはいやなので、興味ある方は映画館へどうぞ。
自分的には面白かったのです。
ついでに数年ぶりにゲーセンへ。。。
あまりスカッとしないのはなぜ。。。?

さらにペンタックスSPF用のレンズを購入。
より明るい標準50mm/F1.4と望遠200mm/F4
どちらもズームレンズではなく、単焦点の(当時は)高級仕様のレンズ。
今はズームが当たり前だけど、単焦点のレンズはゆがみがほとんどなく、明るいのでフラッシュを使う必要がないのです。
市場では135mmはたくさん出物があるのですが、200mmはあまり見かけません。
多分発売時の値段が135mmより高かったのと、ふた回りほど大きく重いのでそれほど数が出なかったのではないかと思われます。
一般向けのデジカメではあり得ないほど大きなレンズです。
重さも一部プロ向けを除いてはこれほど重いデジカメレンズはありません。
さて、撮りまくろっと。
| 映画・テレビ | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |