カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
DMデザイン.jp
Presented by DMDesign.jp
過去記事
カテゴリー
<< ペンタブレットニュース - 『FFT-A2 封穴のグリモア』のDS Liteアクセサリーセット | main | ペンタブレットニュース - クロスワードDS+世界1周クロス >>
ペンタブレットニュース - 「脳トレ」は教育に役立つ
「脳トレ」は教育に役立つ--スコットランドの研究者が研究成果を公表

ある研究者のやり方が通れば、ゲームはすぐに国の教育カリキュラムの一部になるかも知れない。スコットランドの小学校教師であり、スコットランドゲームおよび学習センター「Consolarium」の設立者であるDerek Robertson氏は、いわゆる「脳トレ」を学校で用いると、態度にも学習にもプラスの影響が出るという最新の研究成果を発表した。

子どもたちには脳トレ・ブレインジムを行う前と後に算数テストが与えられた。Robertson氏によれば、子どもたちの自己認識(子どもたちが自分をどの程度賢いと考えるか)には変化は見られなかった。しかし、子どもたちの計算の正確さと計算終了までの平均時間は向上していたことが分かった。

ある少年が携帯型ゲーム機に注意を集中し、できるだけ早く一連の足し算をしようとがんばっている場面の動画を示した。同氏は、「子どもたちに足し算の書いてある紙を与えて、こんなに興味を示すところを想像できるだろうか。彼らは自分のスコアを本当に自慢に思っている。このクラスでは、数学ができることはかっこいいことなのだ」

- - - - -

ゲーム的なインターフェースで集中力と学習効果が上がるなら悪いことではないのですが,なんでもゲーム的でなければやる気が起きない、という意識を持ってしまっては逆効果な気がしますがどうでしょうか。
ゲーム的、というのはすぐその場で効果を確認しながら目に見える点数を上げるために努力するインターフェース、という言い方もできるでしょう。
ところが、この世のほとんどの事象はすぐその場で確認できるものの方が少ないと思います。
早く,正確に、というと聞こえはいいですが、時間をかけないとでない結果というのも往々にしてあります。
その場でだめだからそれはだめ、という短絡的な考え方を助長するという問題があるとすれば、それを補う長い時間をかけて出す結果、ということも学習する必要がありそうです。

脳トレ

ニンテンドーDS Lite クリムゾン/ブラック

タッチパネルs.jp

ニュース一覧
| ニンテンドーDS | 10:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする