カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
DMデザイン.jp
Presented by DMDesign.jp
過去記事
カテゴリー
<< ペンタブレットニュース - DSで簡単メタボ対策 - ユードーが『健康検定』発売 | main | ペンタブレットニュース - 米国でゴールドとメタリックロゼのバンドル版ニンテンドーDS Liteが発売といううわさ >>
ペンタブレットニュース - 「ASH 〜ARCHAIC SEALED HEAT〜」レビュー
「ASH 〜ARCHAIC SEALED HEAT〜」レビュー:王女と灰の戦士たちがくり広げる、美しく幻想的なストーリー

任天堂から新たに発売されたSRPG「ASH 〜ARCHAIC SEALED HEAT〜」(以下、ASH)。その最大のウリはなんといっても坂口博信氏の新作であること。

坂口氏といえば、「ファイナルファンタジー」シリーズ(以下、FF)の生みの親として著名なゲームクリエイター。その後も同シリーズに深く関わり、「FF」が国民的RPGとして大成功を遂げる立役者となった。ほかにも「クロノトリガー」など数々の大ヒット作を生み出している。独立以降、ゲーム制作会社のミストウォーカーを設立し、現在も活躍中だ。

戴冠式直前で国を失った王女アイシャ。灰の戦士を引き連れて、アイシャの旅が始まる。独特の世界観だ
今回の「ASH」は、坂口氏が手がける作品としては初のSRPGだ。以前からゲーム誌のインタビューでSRPGへの意欲を熱く語っていた坂口氏。ついに実を結んだというわけだ。
スタッフには歴代の「FF」でアートディレクターを務め、高く評価された皆葉英夫氏や「ファイナルファンタジーXII」の作曲家、崎元仁氏も参加している。

- - - -

坂口氏、しばらく名前を聞かないと思ったらこんなの作っていたのね(^^;)
実質失敗したので触れられていませんが映画「ファイナルファンタジー」の総監督でした。
自分はメディア芸術祭(のような名前で正確には失念)で最後のフィルム上映を観ました。
興行的には失敗しましたが、映画のCGクオリティーは未だに超えるものが出ていないと言っていいでしょう。
特にフルCGの人間の描画はこれを超えるものは、これからもしばらく見る事はないかもしれません。
むしろこの映画をきっかけにどこも作らなくなったという見方もできますけど。(^^;)

ファイナルファンタジー

ニンテンドーDS Lite クリムゾン/ブラック

タッチパネルs.jp

ニュース一覧
| ニンテンドーDS | 08:58 | comments(0) | - |
コメント
コメントする