カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
DMデザイン.jp
Presented by DMDesign.jp
過去記事
カテゴリー
<< NDS/PS2用ソフト「ストライクウィッチーズ」が,2009年春にラッセルから発売 | main | 世界中で愛されるボードゲーム『MONOPOLY』がWiiで発売!4人対戦も可能 >>
自作DSソフトの発売許可を求めるゲーム開発者、自宅立てこもりで抗議
自作DSソフトの発売許可を求めるゲーム開発者、自宅立てこもりで抗議
海外であるアマチュアゲーム開発者が、ニンテンドーDS用に作った自作ゲームの発売を求め、「100日間の自宅立てこもり」を行ったそうです(Game*Sparkの記事)。

この立てこもり事件を起こしたのはBob Pelloni氏。彼は5年間、15000時間をかけてDS用RPG「Bob's Game」を開発したのですが、DS用ゲームを発売するための公式ライセンスを入手できず、その抗議のために「100日間、自宅に立てこもる」ことを決断したとのこと。

ところが、Bob氏は体調不良を訴えて開始から30日で立てこもりの終了を表明。最後には警察が登場する騒ぎになったそうです


※ - - - -

その意気込みを是非開発会社で見せてほしいもの。

ニンテンドーDS

タッチパネルs.jp

ニュース一覧
| ニンテンドーDS | 13:06 | comments(0) | - |
コメント
コメントする