カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
DMデザイン.jp
Presented by DMDesign.jp
過去記事
カテゴリー
<< Wiiであそぶセレクションに『メトロイドプライム』『ピクミン2』登場 | main | 「逆転検事」の発売日が5月28日に決定。イメージキャラクターの松田翔太さんからのメッセージも >>
ゲーム機から情報家電に進化した「Wii」 ついに出前の注文も可能に
ゲーム機から情報家電に進化した「Wii」 ついに出前の注文も可能に
たとえば、「夢の街創造委員会」が2009年春にサービスを開始すると発表した「出前チャンネル」。Wiiリモコンとテレビ画面を使って出前を注文できるサービスだ。対象となる店舗は、同委員会が運営している出前仲介サイト「出前館」に登録している店舗で、ユーザーは店舗を検索、メニューや配達予想時間などを考慮して注文ができる。注文の履歴や届け先データは保存されるため、次回以降の注文時に手間が省け、各店舗がクーポン券を発行しているため、電話注文より割安になる。

そう、Wiiをもはや、「ゲーム機」と呼ぶのは、正しくないかもしれない。「一家に一台」の「家電」、それも、「情報家電」だと言っていいだろう。「情報家電」というワードが登場して久しいが、本格的なそれが家電メーカー発ではなく、ゲーム機の世界から誕生したというのは、ちょっぴり皮肉なような気もする。

Wii


※ - - - -

情報家電を標榜して発売されているxboxやPSシリーズを尻目に、純粋にゲーム機として作られたはずのwiiがいつの間にかお茶の間の主役になっています。
同じ位置に液晶テレビやDVDレコーダーを据えようとしてきた家電業界まで出し抜く形で、wii(というより任天堂)の勢力が拡大しています。

かつて情報家電の主役といえばテレビと断言しても誰も否定はしなかったと思いますが、液晶になって存在感がなくなった今やテレビはただの表示機となり、誰でも親しめるwiiがその役目を負うようになってきていると言えます。

ただ、長期的にはwiiよりもっとpcに近いApple TVのようなセットトップボックス(のようなもの)にも分があるようにも思いますが、今しばらくは「手に持っている実感のあるwii」が主役であり続けるでしょう。

もしかすると手に持っている実感のないタッチパネルより、wiiリモコンのような手に持つポインティングデバイスがマウスに取って代わってpc(将来的にはもっと違う形のコンピュータ)のインターフェースの主流になる可能性もある・・・かもしれません。

タッチパネルs.jp

ニュース一覧
| wii | 14:33 | comments(0) | - |
コメント
コメントする